タイトルイメージ

陵雲高等学校

セアカゴケグモに注意

 日本では1995年に大阪で初めて発見された外来種の毒グモですが、おとなしく攻撃性もなく、素手で捕まえたり、クモに気づかずにうっかり触らない限り、咬まれることはありません。
 もし咬まれて重症になっても、抗毒素血清を使用すれば大丈夫のようです。
症状の軽い人も少なくないようです。
 日本では、明らかにセアカゴケグモの毒性を誇張して報道されていました。

 この度、陵雲学校付近でもセアカゴケグモが確認されました。

 この写真にある様なクモを、もし見かけたら絶対触らずに、連絡してください。

 詳しいことは、10月号の「保健だより」に掲載します。

2011年9月8日更新

ライン

タイトルイメージ